『蜜蜂の館』へようこそ!このサイトはFF7だけに特化して情報を発信している世界一のファンサイトです
2024.03.06 » 3か月 前

クラウドが持つバスターソードの歴史|アンジール、ザックス、継承されるソルジャーの誇り


『ファイナルファンタジーVII』において、クラウド・ストライフが携帯する『バスターソード』は単なる武器を超えた存在として描かれています。

この大剣はFF7を象徴するアイテムであり、ストーリーにも深い影響を与えているものです。

本記事ではバスターソードの起源、その意味、クラウドとの深い絆、そしてゲーム内での象徴性について探求します。

ソルジャーの間で代々受け継がれるこの剣は、力と勇気の象徴とされ、クラウドの運命と深く結びついています。

バスターソードが持つ多層的な意味を紐解きながら、その背後にある物語とクラウドにとっての重要性を明らかにしていきます。

■ポイント!

  1. バスターソードの起源と象徴性
  2. クラウドとバスターソードの絆
  3. ザックスとアンジールのバスターソードへの想い
  4. バスターソードを受け継ぐ人物関係

クラウドが持つバスターソードの伝説を紐解く

伝説とも呼べるバスターソードはFF7における象徴的な存在であり、クラウド・ストライフが携帯する大剣です。

その巨大な刀身と特徴的な形状は、多くのファンを魅了してきました。

このソードはただの武器ではなく、多くの意味を内包する象徴的なアイテムなのです。

  • バスターソードの起源
  • クラウドとバスターソードの絆
  • ゲーム内での役割と象徴性

バスターソードの起源

バスターソードには深い歴史があります。

ソルジャーの間で代々受け継がれてきたこの武器は、力と勇気の象徴とされていました。

1997年に発売されたFF7(大元)では、このバスターソードについては詳しく語られなかったため、クラウド、そしてソルジャーの象徴として広く認知されていました。

後に発売された「FF7/クライシスコア」では、バスターソードがクラウドへ渡った経緯が詳しく語られています。

この大剣はそれを振るう者が持つ誇りや使命感を表しており、単なる戦闘ツールではなく継承される価値を持っているのです。

クラウドとバスターソードの絆

バスターソードはクラウドの人生を象徴するアイテムです。

彼がこの大剣を手にした瞬間から、その運命は大きく変わりました。

クラウドはこの剣によって、自身の過去と向き合い未来へと進む力を得ます。

また、このソードはザックスとの強い絆を示すものでもあります。

これを通じてクラウドは責任と誇りを学び、それが彼を支える精神的な支柱となったのです。

バスターソードはクラウドにとって単なる武器ではなく、友情、信念、そして進むべき道を示す導きの光なのです。

ゲーム内での役割と象徴性

バスターソードはゲーム内でクラウドの主要な武器となっていますが、その象徴性はそれだけにとどまりません。

この剣はクラウドの内面的な成長や彼が直面する挑戦を象徴しており、物語全体を通じ貫かれるテーマの一つです。

ソルジャーとしての誇り、仲間との絆、そして継承される意志がこのソードに込められており、プレイヤーに深い印象を残すのです。

バスターソードがクラウドの手に渡った経緯

クラウドがバスターソードを手にするに至る経緯は、非常に感動的な物語の一部をなしています。

この背景には、尊敬と友情、そして深い信頼関係が存在します。

  • クラウドはザックスから譲り受ける
  • 元々の持ち主はアンジール
  • ザックスはアンジールから譲り受けた
  • アンジールのバスターソードへの想い

クラウドはザックスから譲り受ける

クラウドがバスターソードを譲り受けた瞬間、それは『ザックス・フェア』最期の時でした。

ザックスはクラウドの「友」であり、共に数多くの戦いを乗り越えてきました。

ザックスがこの剣をクラウドに託したのは、彼への深い信頼と友情の証としてであり、クラウドに自身の意志を継がせる意志があったからです。

この瞬間はクラウドにとって一生忘れることのできない重要な転機となったでしょう。

元々の持ち主はアンジール

バスターソードの元々の持ち主はザックスではなく『アンジール・ヒューレー』をいうソルジャー(クラス1st)でした。

アンジールは、その優しい口調と強いリーダーシップでソルジャーの中でも特に尊敬されている人物でした。

彼はこの剣を通じて、継承されるべき重要な価値観を象徴しており、その価値観とは、誇り高く生き、自分自身と戦う勇気を持つことです。

アンジールはいつもバスターソードを持っていましたが、戦いの中で一度も使ったことがありませんでした。

それ程、この剣を大切にしていたのです。

ザックスはアンジールから譲り受けた

ザックスがアンジールからバスターソードを受け継いだのは、互いに深い尊敬の念を持っていたからです。

アンジールはザックスにその強さだけでなく、心の温かさや優しさを理解し、それを大切にすることの重要性を教えました。

バスターソードの受け継ぎは単なる物理的な行為ではなく、アンジールの思いや理念の継承を意味しているのです。

アンジールのバスターソードへの想い

アンジールはバスターソードを単なる武器としてではなく、ソルジャーの誇り、そして強さとは何かを示す象徴とみなしていました。

彼はこの剣を通じて未来世代に向けたメッセージを残そうとしており、それは力だけでなく、心の強さもまた重要であるということです。

アンジールのこの想いは、彼からザックスへ、そしてザックスからクラウドへと受け継がれていきました。

まとめ:クラウドが持つバスターソード|受け継がれた歴史

ポイントをまとめます。

  • バスターソードはFF7の象徴的な武器
  • クラウドストライフが携帯する大剣
  • 巨大な刀身と特徴的な形状が多くのファンを魅了
  • ソルジャーの間で代々受け継がれる象徴とされる
  • 製造者は不明だが、ソルジャーの象徴として広く認知
  • 振るう者の誇りや使命感を象徴
  • クラウドにとって人生を象徴するアイテム
  • ザックスとの絆を示すもの
  • ゲーム内での役割はクラウドの主要な武器
  • ザックスからクラウドへの譲渡は深い信頼と友情の証
  • アンジールは最初の持ち主で、強さと心の温かさを象徴

error: Content is protected !!