『蜜蜂の館』へようこそ!このサイトはFF7だけに特化して情報を発信している世界一のファンサイトです
2024.03.11 » 2か月 前

タークスのシスネはその後どうなった?彼女はザックスが好きだったのか


『ファイナルファンタジーVII』の壮大な物語とそのスピンオフ作品には数多くの謎や秘密が散りばめられています。

中でも、タークスの女性隊員である『シスネ』については、ファンからの注目を集めています。

彼女のプロフェッショナルでありながら憂いを帯びた魅力、ザックスとの深い関係性、そして『クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-』以降の謎に包まれた運命は多くの議論を呼んでいます。

この記事では、シスネはザックスに恋心はあったのか、クライシスコア以降のその後について焦点を当てて探求します。

■ポイント!

  1. シスネとザックスの関係性の複雑さ
  2. シスネのタークスとしての役割
  3. シスネの内面的葛藤
  4. シスネがFF7(PS)に登場しない理由

タークスのシスネのその後|ザックスに恋心はあったのか


出典:スクエア・エニックス

  • シスネとは?
  • シスネとザックスの関係性
  • タークスに所属していた理由
  • シスネの感じていた葛藤
  • ザックスに対する本当の感情
  • クライシスコア以降のシスネの行方

シスネとは?

シスネはファイナルファンタジーVIIの世界に登場する「タークス」という秘密組織の一員です。

タークスは主に情報収集や敵対勢力への工作活動を行っており、シスネもその任務に従事しています。

彼女はプロフェッショナルでクールな性格を持ちながら、どこか憂いを秘めた魅力のあるキャラクターです。

シスネとザックスの関係性

シスネとザックスの関係性は、ゲーム『クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-』において詳しく描かれています。

ザックスは神羅のソルジャーとして、任務でシスネと行動を共にすることもありました。

二人は任務を通じて信頼関係を築いていきますが、タークスとソルジャーという所属の違いや、それぞれの立場による葛藤が影を落とします。

シスネは彼に対して深い信頼感と尊敬の念を抱いていましたが、この感情が恋心へと発展するかは複雑な心情を示唆しています。

タークスに所属していた理由

シスネがタークスに所属していた理由は、彼女の高い能力とプロフェッショナリズムにあります。

タークスは神羅カンパニーの直轄秘密部隊として高度なスキルと忠誠心を持ったメンバーを求めており、シスネはそれを体現している人物でした。

また、彼女自身も正義感が強くタークスを通してより大きな影響力を持つことを望んでいた可能性があります。

シスネの感じていた葛藤

シスネはタークスの一員として様々な任務をこなす中で、自身の立ち位置や使命に対する葛藤を抱えていました。

特にザックスや他のキャラクターとの関わり合いの中で、任務と個人的な感情の間で揺れ動く姿が見られます。

シスネは時に任務を優先しなければならない立場にありながらも、人としての感情を切り離すことができず、内心深く苦悩している様子も描かれています。

ザックスに対する本当の感情

ザックスに対するシスネの本当の感情は尊敬と信頼から始まりましたが、彼らの共有した体験を通じて徐々に深まっていったことが示唆されています。

(※クライシスコアでも、ザックスの携帯には頻繁に彼女からのメールが届く)

しかし、彼女がその感情を恋心として自覚し、またそれをザックスに伝えることはありませんでした

彼女の心の中には、タークスの一員としての責務ザックスへの個人的な感情とがせめぎ合っていたのです。

クライシスコア以降のシスネの行方

『クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-』以降、シスネの行方については具体的な描写がありません。

本編のFF7(PS)には登場しないため、多くのプレイヤーにとって彼女のその後は謎に包まれたままでしょう。

ビフォアクライシスが謎を解くカギ

実は2004年に携帯電話向けに配信された「BEFORE CRISIS -FINAL FANTASY VII」で、シスネ行方不明の謎を解く描写がされています。

ザックスが亡くなってから、クラウドがアバランチに加わる数日の間に、タークスは神羅の命令に反して神羅から追われる立場となります。

そこで、ルーファウスが偽装工作を行い、シスネを含む11名を「殉職」扱いとしたのです。

(※この一件で、タークスとルーファウスの間には信頼関係が築かれました)

そのため、シスネは生きていますが「殉職(偽装)」となった訳ですから表舞台からは姿を消すことになります。

以上の理由からシスネはFF7(PS)では登場せず、人手不足になったタークスに加入したイリーナが出てくる流れとなります。

シスネのザックス以外の人物との関わり


出典:スクエア・エニックス

  • クラウドとの遭遇
  • エアリスとの関係性
  • ルーファウスとの確執

クラウドとの遭遇

クラウドとシスネの遭遇は親密な関係と言えるものではありませんでしたが、彼女はクラウドがザックスと繋がりのある人物であることを知り、彼に特別な関心を抱く場面がありました。

シスネはクラウドの中にザックスとの共通点を見出し、彼への接し方にザックスへの思いを反映させたのかもしれません。

エアリスとの関係性

エアリスとシスネの関係性は直接的なものではなく、ザックスを通じて間接的に結ばれています。

シスネはエアリスがザックスにとって特別な存在であることを知っており、彼女に対して複雑な感情を抱くことがあったかもしれません。

二人の関係性はゲームを通じて深まることはありませんが、シスネはエアリスに対して敵意よりも理解を示す傾向にありました。

ルーファウスとの確執

ルーファウスとシスネの関係は、タークスと神羅カンパニーの関係性を反映したものです。

ルーファウスが神羅カンパニーの後継者として台頭する過程で、シスネは彼の方針や方法に対して疑問を持つことがありました。

確執というほどの直接的な対立はないものの、彼らの間には緊張感が漂っている時期もあり、シスネはルーファウスとの関わり合いにおいて慎重な姿勢を取っていました。

まとめ:シスネのその後|ザックスとの間に生まれた感情

ポイントをまとめます。

  • シスネはファイナルファンタジーVIIの世界に登場するキャラクター
  • タークスの一員として活動
  • クールでプロフェッショナルな性格
  • ザックスとはクライシス コアで深い関係を築く
  • タークスとソルジャーの違いによる葛藤を抱える
  • ザックスへの感情は尊敬と信頼から始まる
  • 恋心へと発展するかは複雑な心情を示唆
  • タークスに所属した理由は能力とプロフェッショナリズム
  • 正義感が強く、影響力を持つことを望む
  • 任務と個人的な感情の間で揺れ動く
  • クライシス コア以降の行方は謎に包まれる
  • クラウドとは直接的な親密な関係ではない
  • エアリスとは間接的に結ばれる関係性
  • ルーファウスとの間に緊張感が存在
  • シスネの最終的な運命は未解決
  • ザックスとの共通点をクラウドに見出す
  • エアリスに対して敵意より理解を示す傾向

error: Content is protected !!