『蜜蜂の館』へようこそ!このサイトはFF7だけに特化して情報を発信している世界一のファンサイトです
2024.03.02 » 3か月 前

『FFVII アドベントチルドレン』店頭用トレーラー動画|作品概要も解説


FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE店頭用トレーラー

「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE」の店頭用トレーラー動画です。

この動画は2009/04/10に「スクエア・エニックス」が公開した公式動画です。

FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDRENの解説

『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』(FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN)は、スクウェア・エニックスから2005年にリリースされたCGアニメーション映画です。

この映画は、1997年にリリースされた人気ビデオゲーム『ファイナルファンタジーVII』の物語を続ける作品であり、ゲームの終了から約2年後の世界を舞台にしています。

ストーリー

物語は惑星を破壊しかけた巨大企業・神羅カンパニーに対抗し、最終的には世界を救ったクラウド・ストライフとその仲間たちのその後を描いています。

クラウドは過去の戦いで得た心の傷と身体の病気「ガイア症候群」に苦しみながら、故郷ミッドガルの廃墟で静かに暮らしています。

しかし、謎の三兄弟が現れ、彼らが追い求める「母」と呼ばれる存在のためにクラウドとその仲間たちに挑戦してきます。

主な登場キャラクター

  • クラウド・ストライフ:元傭兵で、映画の主人公。過去の戦いの影響で心に深い傷を負っている。
  • ティファ・ロックハート:クラウドの親友であり、彼を支える女性。彼と共にバーを経営している。
  • セフィロス:クラウドの宿敵であり、ゲームの終盤で倒されたはずの強力な敵。映画では、彼の意志を継ぐ形で三兄弟が登場します。

特徴と影響

  • 映像技術:当時としては画期的なCG技術を駆使した映像美が特徴で、ファンタジックながらもリアルに近いキャラクターの表現が話題を呼びました。
  • 音楽:ノーブル・植松伸夫が手掛けた壮大なスコアは、ゲームの音楽を踏襲しつつも、映画独自の深みを加えています。
  • ファンへのサービス:ゲームのファンにとっては、愛されたキャラクターたちのその後を見ることができる貴重な作品です。しかし、ゲームをプレイしていないと物語の背景や登場人物の関係性が理解しにくい点もあります。

『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』は、その映像美と深い物語でゲームファンだけでなく、映画ファンからも高い評価を受けました。

ゲームの世界を映画として拡張した先駆けとして、その後の多くの作品に影響を与えています。

error: Content is protected !!