『蜜蜂の館』へようこそ!このサイトはFF7だけに特化して情報を発信している世界一のファンサイトです
2024.04.05 » 2か月 前

『FROM THE EDGE OF DESPAIR/絶望の淵から』FF7 サントラ・BGM


この動画は2024/03/11に「SQUARE ENIX MUSIC Channel」から公開された公式動画です。

「FINAL FANTASY VII Original Sound Track」Disc.4の6曲目に収録されている楽曲『絶望の淵から』です。

  • 曲名:絶望の淵から(4:15)
  • 作曲:植松 伸夫
  • 編曲:植松 伸夫

重度の魔晄中毒に陥ったクラウドの状況を描写|絶望の淵から

『ファイナルファンタジーVII』のサウンドトラックに収録されている「絶望の淵から」は、ゲーム内での重要なシーンを彩る楽曲の一つです。

作曲は植松伸夫氏によるもので『ファイナルファンタジーVII』全体の音楽と同様に、その時代のゲーム音楽における技術的な制限の中で非常に印象的で感情的な作品を生み出しています。

この曲はゲームの中でプレイヤーが直面する暗く、絶望的な状況を音楽的に描写しています。

植松伸夫氏は、ピアノ、ストリングス、合成音などを駆使して、この曲に深みと感情を加えています。

暗く、重い雰囲気を持つこの曲はリスナーに深い感情移入を促し、ゲーム内の特定の瞬間やシナリオと強く結びついていることが多いです。

「絶望の淵から」は、その名の通り、絶望や悲しみ、失われた希望を音楽を通じて表現しており、これらの感情が深くプレイヤーの記憶に刻まれるよう作られています。

そのため、ゲームをプレイした人々にとっては、ただのBGMを超えた強烈な印象を与える曲となっています。

音楽的な技術面から見ると「絶望の淵から」は構成、メロディー、ハーモニー、そしてリズムの使い方においても、その時代のゲーム音楽としては革新的であり、聞く人の心を揺さぶる力を持っています。

特に繊細なピアノの旋律と、背景に広がるストリングスや合成音が生み出す空間感はこの曲の特徴的な要素です。

全体として「絶望の淵から」は『ファイナルファンタジーVII』のサウンドトラックの中でも特に記憶に残る楽曲の一つであり、植松伸夫氏の作曲家としての才能とゲーム音楽が持つ感情表現の幅を示しています。

この曲はゲーム音楽が単なる背景音楽を超え、物語の一部として強い影響を持つことができる例として、しばしば引き合いに出されます。

error: Content is protected !!