『蜜蜂の館』へようこそ!このサイトはFF7だけに特化して情報を発信している世界一のファンサイトです
2024.03.29 » 2か月 前

セフィロスが渋谷街頭ビジョンをジャック!『FF7リバース・屋外広告』


この動画は2024/02/28に「スクエア・エニックス」から公開された公式動画です。

FF7リバースの発売直前に、何と”炎に包まれたセフィロス”が渋谷駅前の街頭ビジョン13面をジャックしました!

  • 見れる場所:渋谷駅周辺
  • 放映期間:2024年2月26日~2024年3月3日
    (※期間中は1時間に1回放映されます)

「燃え上がるセフィロス」はFF7の中でも、最も印象的なシーンの一つです。

自らが焼き払ったニブルヘイムに佇むセフィロスを大迫力の画面で見ることが出来ます!

『FF7リバース・屋外広告』渋谷街頭ビジョン13面ジャック

  • 炎に包まれたセフィロス
  • 事件の背景
  • 事件の経緯
  • 事件の影響

炎に包まれたセフィロス

『ファイナルファンタジーVII』(FF7)における「ニブルヘイム焼き払い事件」は、ゲームの重要なイベントの一つであり物語における重要な転換点です。

この事件は英雄だったソルジャー・セフィロスの心理的な崩壊と彼の真の目的の始まりを示すものです。

事件の背景

  • 場所:ニブルヘイムは、FF7の世界においてマウントニーベルの麓に位置する小さな村です。
  • 時点:事件はゲームの主人公クラウドがまだ若い新兵だった5年前に起こりました。
  • 関連施設:ニブルヘイム近くには神羅カンパニーが運営する魔晄炉があり、このエリアは「ジェノバプロジェクト」と呼ばれる実験の一環としても使用されていました。

事件の経緯

  1. セフィロスの発見:セフィロスはジェノバプロジェクトの資料を発見し、自身が人間ではなくジェノバのクローンであると悟ります。ジェノバは古代種の一員であり、彼女の力を利用して人類を超える存在を目指した神羅の実験体でした。
  2. 心理的崩壊:真実を知ったセフィロスは精神的に崩壊し、自身がジェノバの継承者であり、人類を滅ぼして地球をジェノバとその子供たちのための楽園にすべきだという結論に至ります。
  3. 焼き払い:セフィロスはニブルヘイムへ戻り、村を焼き払い、無辜の村人たちを葬り去りました。この事件はゲームの中で「ニブルヘイム事件」として語られています。

事件の影響

  • クラウド:当時、神羅の新米兵士だったクラウドは、この事件で重傷を負い、その後の彼の人生と精神に大きな影響を及ぼします。
  • ティファ:クラウドの幼馴染であるティファもまた、事件の生存者の一人であり、彼女の人生にも大きな影響を与えます。
  • セフィロス:この事件はセフィロスの悲劇的な人生の始まりを象徴し、彼がゲーム内で主人公たちの敵となる大きな理由の一つです。

まとめ

「ニブルヘイム焼き払い事件」は『ファイナルファンタジーVII』において、キャラクターたちの動機や背景に深い影響を与える重要な出来事です。

この事件を通じてセフィロスのキャラクターが深く掘り下げられ、物語の核心部分へと繋がる多くの秘密が明らかになります。

error: Content is protected !!