『蜜蜂の館』へようこそ!このサイトはFF7だけに特化して情報を発信している世界一のファンサイトです
2024.05.16 » 6日 前

『FF7リバース』の売上げは期待外れだったと”スクエニが公式”に明言!


『ファイナルファンタジーVII リバース』は期待の大きかったタイトルですが、その売上はスクウェア・エニックスの予想を下回る結果となったことを明らかにしています。

この記事では売上が期待を下回った理由や背景、そしてスクウェア・エニックス全体に与える影響について詳しく解説します。

また、今後の戦略や注目タイトルについても触れていきますので、FFファンならずとも必見の内容となっています。

■ポイント!

  1. FF7リバースの売上が期待を下回った理由
  2. FF7リバースの売上が発表されていない背景
  3. FF7リバースの売上がスクウェア・エニックス全体に与えた影響
  4. スクウェア・エニックスの今後の戦略と注目タイトル

スクエニが公式に明言!FF7リバースの売上は期待外れ

  • FF7リバースの売上が期待を下回った理由
  • FF7リバースの売上発表されていない背景
  • スクウェア・エニックスの売上全体に与える影響
  • FF7 リメイク三部作の今後の展開

FF7リバースの売上が期待を下回った理由

結論から言うと、FF7 リバースの売上が期待を下回った理由は初期の販売勢いが続かなかったことにあります。

この理由にはいくつかの要因が考えられます。

まず、FF7 リバースはFF7のリメイクシリーズの2作目でありシリーズものとしての期待値が高かったです。

そのため、初期の販売は順調でしたが続編であることから新規ユーザーの獲得が難しかったのかもしれません。

具体例として、前作をプレイしていない人にとっては物語の続きから始まるため手に取りづらいと感じる可能性があります。

競合タイトルの影響

次に、競合タイトルの存在も影響を与えた可能性があります。

同時期に発売された他の人気ゲームタイトルが多くゲーマーの注目が分散したことが考えられます。

例えば、同じジャンルや人気シリーズの新作が発売されると購入を迷うユーザーも増えるでしょう。

さらに、ゲーム自体の評価や口コミも重要です。

初期のレビューやプレイヤーの感想がネガティブな場合、購入を控えるユーザーが増える傾向にあります。

FF7 リバースの場合、前作に比べて革新性が少ないと感じたユーザーが多かったのかもしれません。

これらの要因が重なり、FF7リバースの売上はスクウェア・エニックスの期待を下回ったと考えられます。

FF7リバースの売上発表されていない背景

FF7リバースの売上が発表されていない背景には複数の戦略的理由があります。

まず、企業としての売上情報の管理があります。

売上が予想を下回った場合、企業は株価や市場の反応を考慮して情報公開を慎重に行うことがあります。

具体的には投資家やファンからのネガティブな反応を避けるため、売上の詳細を控えることが一般的です。

次に、継続的な販売戦略の一環として情報を公開しないこともあります。

前述の通り初期の販売は順調だったものの、その後の売上が鈍化した場合、企業は今後のマーケティング戦略を調整するために売上情報を非公開にすることがあります。

例えば、新たなプロモーションや価格調整などを行う際に具体的な売上情報が戦略の一部として利用されます。

さらに、競合他社への情報提供を避けるためでもあります。

ゲーム業界は非常に競争が激しく、具体的な売上情報を公開することで競合他社に自社の市場状況や戦略を見透かされるリスクがあります。

そのため、売上情報を非公開にすることで競争優位性を保つ狙いがあると考えられます。

これらの理由からFF7リバースの売上が発表されていないと推測されます。

スクウェア・エニックスの売上全体に与える影響

FF7リバース

スクウェア・エニックスの売上は『ファイナルファンタジーVIIリバース』を含む複数のタイトルの売上が期待を下回ったため全体的に影響を受けています。

この影響は同社の決算説明会で明らかにされました。

まず、結論として『ファイナルファンタジーVIIリバース』の売上が予想よりも低かったことが同社の営業利益に打撃を与えています。

この理由は当初の売上ペースが期待以下だったためです。

FF16

具体例として『ファイナルファンタジーXVI』は発売から1週間で300万本を売り上げましたが、その後の売上は鈍化しました。

このことからもわかるように、初動の勢いが持続しなかったことがスクウェア・エニックス全体の売上に影響を与えています。

FOAMSTARS

さらに、ライブサービスゲーム『FOAMSTARS』の売上も期待を下回りました。

このように複数のタイトルが予想よりも低い売上を記録したため、スクウェア・エニックスの全体の収益に悪影響を与えているのです。

しかし、前述の通り『ファイナルファンタジーXVI』は18カ月の販売計画の中で目標を達成できる自信があると述べられています。

これにより、今後の売上回復に期待が持てる状況でもあります。

FF7 リメイク三部作の今後の展開

『ファイナルファンタジーVII』リメイク三部作の今後の展開について、結論としてスクウェア・エニックスはシリーズの継続に意欲的です。

これは、ファンの期待に応えシリーズの完結を目指すためです。

まず、理由としては『ファイナルファンタジーVIIリメイク』の第1作が高い評価を受けたことが挙げられます。

この成功を基にシリーズ全体の売上を伸ばしたいという意図があります。

『ファイナルファンタジーVIIリバース』はリメイク三部作の第2作として位置付けられています。

次の完結編も既に開発中であるため、シリーズ全体のストーリーが完結することが期待されています。

また、スクウェア・エニックスはマルチプラットフォーム戦略に転換し、より多くのプレイヤーにリーチする計画を持っています。

これにより、今後の売上増加が見込まれます。

さらに、シリーズの人気を保つために新たなプロモーションやイベントが予定されています。

このような取り組みにより、ファンの関心を維持し売上を向上させる狙いがあります。

このように、スクウェア・エニックスは『ファイナルファンタジーVIIリメイク』三部作の成功を確実にするために、さまざまな戦略を展開しています。

スクウェア・エニックスの新たな戦略

  • マルチプラットフォーム展開の重要性
  • FF16とFF7リバースのマルチプラットフォーム展開
  • コンテンツ廃棄損の計上と再編計画
  • 欧米事業における人員削減の影響
  • 今後のスクウェア・エニックスの注目タイトル

マルチプラットフォーム展開の重要性

スクウェア・エニックスがマルチプラットフォーム展開に注力することは重要です。

これは、ゲームをより多くの人々に届けるための戦略です。

例えば、FF7 リバースがPS5独占タイトルとして発売された場合、PS5を持っていないユーザーにはプレイする機会がありません。

しかし、他のプラットフォームでも発売することで多くのゲーマーにプレイしてもらうことが可能になります。

この戦略にはいくつかのメリットがあります。まず、販売機会の増加です。

多くのプラットフォームでゲームを提供することで、売上を伸ばすことができます。

次に、ユーザー層の拡大です。

異なるプラットフォームを利用するユーザーにアプローチできるため、ゲームの認知度や人気が高まります。

マルチプラットフォーム展開のデメリット

開発コストが増加することがその一つです。

異なるプラットフォームに対応するためには追加の開発リソースが必要です。

また、品質管理が難しくなる可能性もあります。

各プラットフォームで同じ品質を維持することが求められるため、開発チームにとっては大きな課題となります。

FF16とFF7リバースのマルチプラットフォーム展開

スクウェア・エニックスはFF16とFF7リバースのマルチプラットフォーム展開を計画しています。

これにより、PS5以外のプラットフォームでもこれらのゲームを楽しむことができるようになります。

この展開は、より多くのプレイヤーにリーチするための重要な戦略です。

FF16

FF16は2023年6月にPS5専用タイトルとして発売されましたが、その後の売上が期待を下回りました。

これに対して、スクウェア・エニックスは他のプラットフォームでの展開を進めることで売上の回復を図っています。

PCやXboxなどでのリリースを予定しており、これにより販売機会を拡大し売上増加を目指しています。

FF7リバース

FF7リバースもPS5独占タイトルとして発売されましたが、販売本数が予想を下回りました。

前述の通り、スクウェア・エニックスはマルチプラットフォーム展開を進めることで、より多くのユーザーにゲームを届けることを目指しています。

これにより、売上の回復だけでなくゲームの認知度向上にもつながると期待されています。

このように、FF16とFF7 リバースのマルチプラットフォーム展開はスクウェア・エニックスにとって重要な戦略です。

多くのユーザーにゲームを届けることで、売上の回復や新たなファンの獲得を目指しています。

しかし、開発コストや品質管理の課題もあるため慎重に進める必要があるでしょう。

コンテンツ廃棄損の計上と再編計画

スクウェア・エニックスは最近の決算説明会で「コンテンツ廃棄損」として約221億円を計上すると発表しました。

これは、開発中のプロジェクトや既存のタイトルに対する投資が思うような成果を上げられなかったためです。

まず、コンテンツ廃棄損の計上の理由は売上や収益の見込みが大幅に下回ったことにあります。

これにより、これ以上の投資は無駄と判断されたプロジェクトが廃棄されることになりました。

例えば、期待していた売上を達成できなかったゲームが対象となることが多いです。

この再編計画の具体例として、いくつかのタイトルが開発中止や規模の縮小に追い込まれました。

これにより、無駄なリソースを削減し、より収益性の高いプロジェクトに集中することが可能になります。

しかし、この決定は期待されていたゲームが日の目を見ないことを意味し、一部のファンには残念な結果となるでしょう。

欧米事業における人員削減の影響

スクウェア・エニックスは欧米事業において多数の人員削減を行うと報じられています。

これは、経営再編の一環としてコスト削減を目指したものです。

この人員削減の理由は効率的な経営体制を整えるためです。

経済状況や市場の変動に対応するために、必要以上の人員を抱えることはリスクとなります。

具体的には、売上の見込みが下回ったために不要なコストを削減することが目的です。

人員削減の具体例としてゲーム開発部門やマーケティング部門でのリストラが挙げられます。

これにより、短期的にはコスト削減が見込まれますが長期的には優秀な人材が流出し、開発力やマーケティング力の低下につながるリスクもあります。

ファンからの信頼を維持するためにも慎重な対応が求められるでしょう。

今後のスクウェア・エニックスの注目タイトル

スクウェア・エニックスは現在いくつかの注目タイトルを開発中です。

その中でも特に注目されているのが『ファイナルファンタジーXIV』の拡張パック「黄金のレガシー」です。

2024年7月2日に発売予定でファンからの期待が高まっています。

また『キングダムハーツ IV』も開発中であり、多くのファンが続報を待ち望んでいます。

さらに『ファイナルファンタジーVII』リメイク三部作の完結編も控えており、これはシリーズのファンにとって非常に重要な作品です。

『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』も同様に期待されています。

これらのタイトルはスクウェア・エニックスの未来を支える重要なプロジェクトです。

新しい技術や革新的なゲームプレイを取り入れることでファンの期待に応える作品となるでしょう。

もちろん、開発が順調に進むことが重要であり、過去の教訓を活かして成功を収めることが期待されます。

まとめ:FF7リバースの売上げはスクエニの予想を下回った

ポイントをまとめます。

  • FF7リバースの売上が期待を下回った
  • 初期の販売勢いが続かなかった
  • シリーズものとしての期待値が高かった
  • 新規ユーザーの獲得が難しかった
  • 前作をプレイしていない人には手に取りづらい
  • 同時期に競合タイトルが多かった
  • 他の人気ゲームがゲーマーの注目を分散させた
  • 初期レビューや口コミが影響を与えた
  • 革新性が少ないと感じたユーザーが多かった
  • 売上情報が発表されていない背景がある
  • 企業はネガティブな反応を避けるため情報を控える
  • 継続的な販売戦略の一環で情報を非公開にする
  • 競合他社への情報提供を避けるためでもある
  • スクウェア・エニックス全体の売上に影響が出た
  • FF16の売上が鈍化したことも影響した
  • FOAMSTARSの売上も期待を下回った
  • FF16は18カ月の販売計画で目標達成を目指している
  • FF7リメイク三部作の完結編が開発中である
  • 新たなプロモーションやイベントが予定されている
  • スクウェア・エニックスはマルチプラットフォーム戦略を強化している

error: Content is protected !!