『蜜蜂の館』へようこそ!このサイトはFF7だけに特化して情報を発信している世界一のファンサイトです
2024.03.17 » 2か月 前

FF7アドベントチルドレンのストーリー解説|登場キャラと作品テーマ


『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』は、1997年にPSで発売された伝説のテレビゲーム『ファイナルファンタジーVII』の世界観と物語を映像作品として新たに描き出したファン待望の逸品です。

原作のエンディングから2年後の世界を舞台に、愛と絆、そして再生をテーマにした深いストーリーが展開されます。

この記事では、その魅力的な物語「アドベントチルドレン」の核心を解き明かし、主要キャラクターたちの役割、新たな脅威との戦い、そして物語がファンに与えた影響まで簡潔に紹介します。

『FF7』の世界をさらに深く知りたい方、そして新しいファンをも魅了するこの作品の魅力に迫ります!

■ポイント!

  1. 『FFVII アドベントチルドレン』のストーリーと設定
  2. クラウドとその仲間たち、敵キャラクターの役割
  3. 物語の舞台となる世界の状況「星痕病」という謎の病について
  4. 作品が持つテーマ「愛と絆、そして再生」とファンにとっての意義

FF7アドベントチルドレンの基本情報

『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』は、大ヒットゲーム『ファイナルファンタジーVII』の世界観を引き継ぎつつ、新たな物語を映像(DVD)として展開した作品です。

原作のFF7から数年後の世界を描いており、旧作のファンはもちろん、新しいファンをも魅了しました。

  • ストーリー概要
  • 登場キャラクターと役割
  • 映画の時系列と設定

ストーリー概要

『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』の物語は、ゲーム『FF7』のエンディングから2年後を舞台としています。

平和が訪れたかに思われた世界ですが、主人公クラウド・ストライフは新たな脅威、カダージュたちによって引き起こされる事件に直面します。

また、世界中で発生している「星痕病」という謎の病も物語の重要な部分を占めています。

クラウドは仲間たちと共に、過去の因縁と未来への希望の間で葛藤しながら戦いを挑むことになります。

本作は「愛と絆、そして再生」の物語です。

登場キャラクターと役割

本作では『FF7』の主要キャラクターたちが再び登場しています。

クラウド・ストライフは自らの過去と向き合いながら、新たな敵カダージュたちと戦います。

ティファ・ロックハートはクラウドの支えであり、彼と共に孤児たちの世話もしています。

バレット・ウォーレスやヴィンセント・ヴァレンタインなど、旧作の仲間たちもそれぞれの役割を持ちつつ、クラウドの戦いを後押しします。

敵対するカダージュ、ロッズ、ユアズは全てセフィロスの意志を継ぐ存在であり、彼らの目的は「星の母」を復活させることにあります。

映画の時系列と設定

『FF7アドベントチルドレン』は前述したように、原作の『FF7』のエンディングから2年後の世界を舞台にしています。

メテオ事件の傷跡が残る中で、人々は新たな脅威と戦いつつ生活を再建しようとしています。

物語の主な舞台は破壊されたミッドガルの郊外や新たに建設された「エッジ」という街です。

そこには「星痕病」という病が蔓延しており、この病の謎解きも物語に深い意味をもたらします。

物語の中心人物とその回りのキャラクター

物語の中心は原作に引き続き、主人公のクラウド・ストライフです。

彼の心の葛藤、成長が本作の重要なテーマとなっています。

クラウドを取り巻くキャラクターたちも、各自の過去や目的を背負いながら物語を豊かに彩ります。

  • クラウド・ストライフ
  • セフィロス
  • カダージュ、ロッズ、ユアズ

クラウド・ストライフ

クラウド・ストライフは、元ソルジャーであり本作の主人公。

メテオ事件後、自分自身との戦いや病と闘いながらも、仲間や守るべき人々のために強敵と立ち向かっていきます。

クラウドは過去の失敗と後悔に苛まれ続けますが、物語を通じて再び仲間たちとの強い絆を実感し、内面的な成長を遂げていくのです。

彼の戦いは、ただの敵対関係を超えた自分自身の過去との対峙でもあります。

セフィロス

セフィロスは原作『FF7』のラスボスであり、本作ではカダージュたちを通じてその存在感を示します。

彼はかつて最強のソルジャーとして知られ、クラウドにとっては最も克服すべき相手です。

セフィロスはゲーム内での彼の哲学や目的を引き継ぎつつ、より神秘的で強大な存在として描かれています。

彼の遺志を継ぐカダージュたちの行動は、セフィロスがいかに深く物語に影響を及ぼしているかを示しています。

カダージュ、ロッズ、ユアズ

カダージュ、ロッズ、ユアズは、セフィロスの遺志を継ぐ新たな敵として現れます。

彼らは「復活」を目論み、クラウドたちと激しい戦いを繰り広げます。

カダージュはリーダー格であり、セフィロスへの復讐を望んでいます。

ロッズとユアズはカダージュに忠実であり、彼の計画を支えているのです。

これらのキャラクターは、旧作のキャラクターたちとは違う魅力を持ち、新たな物語の展開に深みを加えています。

物語の影響とファンへの意義

『FF7アドベントチルドレン』はゲーム『FF7』の世界を映像作品として新たな表現で見せ、多くのファンに深い影響を及ぼしました。

そのつながりと影響力によって、シリーズの可能性を広げる一助となりました。

  • FF7とのつながりとその影響
  • 続編やリメイクへの影響

FF7とのつながりとその影響

『FF7アドベントチルドレン』は原作『FF7』の終わりからの物語を描きます。

「星痕病」という新たな脅威や、セフィロスの遺志を継ぐ者たちとの戦いを通じて、既存のキャラクターたちの新たな側面を描き出しています。

これにより、ゲームで描かれた世界がより深く豊かなものになりました。

また、古いファンだけでなく新しいファンも引き込むことに成功し、この作品が『FF7』世界の解釈や深化に大きく貢献したことは間違いありません。

続編やリメイクへの影響

この映像作品は『FF7』の続編やリメイクにも大きな影響を与えています。

『FF7』の世界観やキャラクターに新たな生命を吹き込み、物語をさらに拡張するきっかけとなったのです。

特にキャラクターデザインやストーリーラインにおいて『アドベントチルドレン』のスタイルが後の作品にも反映されています。

これは、シリーズが進化し続ける中でいかに本作が重要な役割を果たしたかを示すものです。

ファンへの意義も大きく、シリーズ愛を新たな形で享受することができたのです。

まとめ:FF7アドベントチルドレンのストーリーを解説

ポイントをまとめます。

  • FFVII アドベントチルドレンは原作『FF7』の世界観を受け継いだ映像作品
  • 物語は『FF7』のエンディングから2年後が舞台
  • 主人公クラウド・ストライフは新たな脅威、カダージュたちとの戦いに直面
  • 「星痕病」という謎の病が物語の重要な部分を占める
  • 旧作の主要キャラクターたちが再登場し、それぞれの役割を持つ
  • 敵対するカダージュ、ロッズ、ユアズはセフィロスの遺志を継ぐ存在
  • 物語の主な舞台は破壊されたミッドガルの郊外と新たに建設された街「エッジ」
  • クラウドは過去の失敗と後悔に苛まれつつ、内面的な成長を遂げる
  • セフィロスはカダージュたちを通じてその存在感を示し、物語に影響を及ぼす
  • 作品は「愛と絆、そして再生」のテーマを持ち、ファンに深い影響を及ぼす

error: Content is protected !!