『蜜蜂の館』へようこそ!このサイトはFF7だけに特化して情報を発信している世界一のファンサイトです
2024.03.24 » 2か月 前

【FF7の年表】2000年前から500年後まで!時代を超えた物語の歴史


「ファイナルファンタジーVII」は、その複雑で壮大な物語と緻密に構築された世界観で多くのプレイヤーを魅了し続けています。

本作の魅力の一つに、時代を超えたストーリーラインがあります。

そこで本記事では、ゲーム内で起こる主要な出来事を時系列に沿って整理し簡潔にまとめました。

この年表を通じてFF7の物語の流れを掴み、さらに深い理解を得るための一助となれば幸いです。

■ポイント!

  1. 原作FF7の物語が始まる約2000年前からの重要な出来事
  2. ゲームの主要な登場人物や組織が関わる出来事の時系列
  3. 物語の主要な展開ポイントとそれらが発生した時期
  4. 原作後の世界の変遷を含む、エピローグまでの主要な出来事

FF7の年表|2000年前から500年後までの出来事を解説

「ファイナルファンタジーVII」は、その壮大な物語と深い世界観で多くのファンを魅了し続けるスクウェア・エニックスを代表する作品です。

ここでは、ゲーム内で描かれる歴史的出来事を年表形式で詳細に紐解いていきます。

※なお、この年表は原作のFF7を中心(現在)としています。

  • 約2000年前:ジェノバ飛来
  • 約30年前:ミッドガルの建設が始まる
  • 22年前:エアリス、神羅に拘束
  • 約15年前:ウータイ戦争勃発
  • 7年前:ソルジャー大量失踪事件
  • 6年前:アバランチ結成
  • 5年前:ニブルヘイム魔晄炉の調査
  • 4年前:アバランチ、過激化へ
  • 1年前:コピー被験者たちの脱走
  • 2か月前:アバランチ暗殺事件
  • 1か月前:新生アバランチ活動開始
  • 本編
  • 1年後:メテオ災害の余波
  • 2年後:世界再生機構(WRO)の結成
  • 3年後:ディープグラウンド(DG)ソルジャーの蜂起
  • 500年後:自然の回復

約2000年前:ジェノバ飛来

FF7の物語の始まりは、約2000年前に遡ります。

巨大な隕石がアイシクルロッジ付近に衝突し、今日「北の大空洞」として知られる場所を形成しました。

この出来事は後の物語に深く関わるジェノバという存在の地球への到来を示唆しています。

約30年前:ミッドガルの建設が始まる

神羅科学部門統括のガスト博士によってジェノバ・プロジェクトがスタートします。

このプロジェクトは後に宝条博士が引き継ぎますが、数年で凍結されました。

22年前:エアリスが神羅に拘束される

アイシクルロッジでガスト博士が射殺され、その家族であるイファルナとエアリスが神羅により拘束されました。

約15年前:ウータイ戦争勃発

神羅とウータイが魔晄炉建設を巡って戦争に突入しました。

7年前:ソルジャー大量失踪事件

ウータイでソルジャー(ジェネシスを筆頭とした)の大量失踪事件が発生。

この時代を描いているのがザックスを主人公とした『クライシスコア -FFVII-』となっています。

6年前:アバランチ結成

反神羅組織であるアバランチが結成され、活動を行いますがタークスによって阻止されます。

ここを描いているのが、モバイル用ゲームとして配信された「ビフォアクライシス -FF7-」です。

5年前:ニブルヘイム魔晄炉の調査

セフィロス、ザックス(一般兵だったクラウドも)がニブルヘイム魔晄炉を調査。

セフィロスが自身の出生の秘密を知り暴走し、村を焼き払うニブルヘイム事件が起こります。

(ここもクライシスコアで描かれています。)

4年前:アバランチ、過激化へ

アバランチの活動が過激化しますが、タークスによって鎮静化。

また、神羅26号のロケット打ち上げが失敗に終わります。

建設中のコレル魔晄炉が爆破されたのもこの時期。

1年前:コピー被験者たちの脱走

セフィロス・コピー実験の被験者とされていたザックスとクラウドが脱走します。

ザックスが神羅の大軍の前に倒れます。

(クライシスコアのラスト・エンディングのシーン)

2か月前:アバランチ暗殺事件

アバランチのリーダーが暗殺される事件が発生しました。

1か月前:新生アバランチ活動開始

過激なテロ活動を開始する新生アバランチが活動を開始します。

この新生アバランチが、ご存じ「バレット」をリーダーとする組織で、後にクラウドを傭兵として雇います。

本編(原作FF7)

新生アバランチにクラウドが雇われ壱番魔晄炉の破壊作戦を決行。

ルーファウスが神羅カンパニーの新社長に就任。

セフィロスによるメテオ発動や、それに伴う世界的大災害が描かれます。

(原作FF7のエンディングまでを描く)

1年後:メテオ災害の余波

ミッドガルは壊滅状態に陥り、地下が閉ざされます。

この混乱の中で、生き残った人々は再建への道を模索し始めます。

2年後:世界再生機構(WRO)の結成

元神羅都市開発部門のリーブ(ケット・シー)を中心に、世界再生機構(WRO)が結成されます。

この時期には、謎の病気「星痕症候群」が蔓延し始めます。

カダージュら3人の青年によるクラウドたちへの襲撃が発生し、セフィロスが一時的に再生しますが再び姿を消します。

この時代の出来事は映像作品『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』で描かれています。

3年後:ディープグラウンド(DG)ソルジャーの蜂起

ミッドガル地下に閉じ込められていたディープグラウンド(DG)ソルジャーが地上に姿を現し、ジュノンで集団失踪事件を引き起こします。

カーム、ミッドガルでの激戦の末にDGソルジャーは壊滅します。

これらの事件はヴィンセントを主人公にした『ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII-』で展開されています。

500年後:自然の回復

原作から500年後、メテオによる大災害から時間が経った地球は自然によって徐々に回復していきます。

廃墟となったミッドガルは緑に覆われ、かつての戦いの記憶は自然の美しさによって癒されています。

この光景は原作FF7(PS)のエンディング後にムービーシーンで描かれており、レッドXIII(長生きですね)が二匹の子供を連れてミッドガルを目指します。

このシーンはプレイヤーに深い印象を残しました。

まとめ:FF7の壮大な物語を年表で解説

「ファイナルファンタジーVII」の物語は単なるゲームの枠を超えて、時間、愛、友情、そして犠牲についての深いメッセージを伝えています。

上記の年表で、この壮大な物語を形成する重要な出来事を簡潔に解説しました。

ゲームをプレイする際は、これらの出来事を背景に物語を楽しむことでより深い理解と感動が得られると思います。

ポイントをまとめます。

  • 約2000年前に巨大隕石の衝突により北の大空洞が形成された
  • 約30年前にミッドガルの建設が始まり、ジェノバ・プロジェクトがスタートした
  • 22年前にエアリスが神羅に拘束された
  • 約15年前に神羅とウータイの間で戦争が勃発した
  • 7年前にソルジャー大量失踪事件がウータイで発生した
  • 6年前に反神羅組織アバランチが結成された
  • 5年前にニブルヘイム魔晄炉の調査中、セフィロスが暴走した
  • 4年前にアバランチの活動が過激化し、神羅26号のロケット打ち上げが失敗した
  • 1年前にセフィロス・コピー実験の被験者ザックスとクラウドが脱走した
  • 2か月前にアバランチのリーダーが暗殺された
  • 1か月前に新生アバランチが活動を開始した
  • 本編では新生アバランチによる壱番魔晄炉の破壊から物語が始まる
  • 1年後にメテオ災害の余波でミッドガルが壊滅状態になった
  • 2年後に世界再生機構(WRO)が結成された
  • 3年後にディープグラウンド(DG)ソルジャーが地上に姿を現した
  • 500年後に自然が回復し、緑がミッドガルを覆った

error: Content is protected !!