『蜜蜂の館』へようこそ!このサイトはFF7だけに特化して情報を発信している世界一のファンサイトです
2024.04.03 » 2か月 前

『JUDGEMENT DAY/最期の日』FF7 サントラ・BGM


この動画は2024/03/13に「SQUARE ENIX MUSIC Channel」から公開された公式動画です。

「FINAL FANTASY VII Original Sound Track」Disc.4の13曲目に収録されている楽曲『最期の日』です。

  • 曲名:最期の日(4:07)
  • 作曲:植松 伸夫
  • 編曲:植松 伸夫

不穏な雰囲気が終末を予感させる|最期の日

「最期の日」は、『ファイナルファンタジーVII』のサウンドトラックに収録されている楽曲です。

このゲームは1997年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売され、RPGジャンルにおいて画期的な作品として広く認識されています。

ゲームの音楽は、著名な作曲家である植松伸夫氏によって手掛けられました。

「最期の日」はゲームの重要な転換点に登場する楽曲で、その名の通り終末的な雰囲気や状況を音楽で描写しています。

植松伸夫氏はこの曲を通じて、ゲームのストーリーにおける緊張感や切迫感を表現し、プレイヤーに強烈な印象を与えることを意図していました。

楽曲の構成は、暗く、重々しい音色を基調としており、不穏な雰囲気を演出しています。

使用される楽器や音色はゲームの世界観に深く沿ったもので、特に電子音楽の要素を取り入れることでファイナルファンタジーシリーズの中でも独特の雰囲気を持つ楽曲となっています。

「最期の日」は、その後もファイナルファンタジーシリーズのコンサートや、アレンジアルバムなどで取り上げられるなどファンからの高い支持を受けています。

植松伸夫氏による独特のメロディーと、ゲームのストーリーに深く関連した表現は聴く者に強烈な感動を与えると同時に『ファイナルファンタジーVII』の世界へと誘います。

error: Content is protected !!