『蜜蜂の館』へようこそ!このサイトはFF7だけに特化して情報を発信している世界一のファンサイトです
2024.03.13 » 2か月 前

「FF7リバース・ワールドプレビュー」公式本のレビュー評価は賛否両論!?


『ファイナルファンタジーVII』は長年にわたり多くのファンを魅了し続けてきた伝説的なゲームタイトルです。

その世界を最新技術を駆使して再構築させた『ファイナルファンタジーVII リメイク』の第二作目となる『リバース』が発売。

この作品への期待は高まる一方で、ゲームの世界観や物語をより深く理解するための公式本が2024年2月22日にスクウェア・エニックスから発売されました。

この公式本は美麗な映像や新たに加わるキャラクター、冒険の詳細が紹介され、リバースをプレイする前にその世界に浸ることができる必読書となっています。

『英雄へ続く2千ギル』という野島一成氏による書き下ろし小説も収録され、FFVIIの世界を新たな視点から楽しむことができます。

■ポイント!

  1. FFVIIのリメイク二作目『リバース』の概要
  2. 公式によるゲームの世界観や美麗な映像に関する情報
  3. 新たに加わるキャラクターや物語について
  4. ゲームプレイ前の予習としての公式本の価値

FF7リバース ワールドプレビュー|公式本

ファイナルファンタジーシリーズの中でも特に人気の高い作品『ファイナルファンタジーVII』のフルリメイクシリーズの二作目「リバース」。

その予習版とも言える情報集約型の公式本が登場しました。

この本は、これからリリースされる『リバース』の世界観を深く理解するための必読書とされています。

  • 本の概要
  • 具体的な内容
  • 商品情報
  • 購入者からのレビュー

本の概要

2024年2月22日にスクウェア・エニックスから発売されたこのムック本は『ファイナルファンタジーVII リバース』の予習本として位置づけられています。

全96ページにわたり、ゲーム内で展開される美麗な映像や魔晄都市ミッドガルを脱出したクラウドたちの冒険に関する情報などが詳細に記載されています。

野島一成氏による書き下ろし小説『英雄へ続く2千ギル』も収録されています。

具体的な内容

この公式本には、未知なる荒野の旅に出るクラウドたちの冒険が事前に垣間見える情報が詰まっています。

特にオリジナルには登場しなかったキャラクターたちの紹介はファンにとって新鮮な情報であり、

  • プリシラ
  • ロンリー・ゲス
  • ブーゲンハーゲン
  • シスネ

などの初登場のキャラクターに注目が集まっています。

また、ゲームシステムやストーリー展開に関する予告もあり、これから『リバース』をプレイするファンの期待を一層高める内容となっています。

商品情報

この公式本は2024年2月22日にスクウェア・エニックスから発売され、ISBN番号は978-4757590694です。

日本語で書かれたこのムック本は、全96ページに渡り、サイズは25.7 x 21 x 0.7 cmとなっています。

リバースの予習としての活用はもちろん、新たに登場するキャラクターや物語に触れることができる貴重な一冊です。

購入者からのレビュー

レビューには賛否両論見られますが、新たに登場するキャラクター情報については好評のようです。

一方で、内容がFFVIIマニア向けであり初心者には少し敷居が高いとの意見も。

しかし、クラウドの過去に関する書き下ろし小説など、特定の部分には高い評価を受けており、ファンならではの視点でのレビューが寄せられています。

まとめ:FF7リバースワールドプレビューはマニア向けの内容

ポイントをまとめます。

  • FFVIIリメイクの第二作目『リバース』の世界観を理解するための公式本が発売
  • 発売日は2024年2月22日、スクウェア・エニックスからのリリース
  • 全96ページでゲームの美麗な映像や冒険に関する情報が詳細に記載されている
  • 野島一成氏による書き下ろし小説『英雄へ続く2千ギル』が収録されている
  • オリジナルには登場しなかった新キャラクターの紹介が含まれる
  • 登場する新キャラクターにはプリシラやロンリー・ゲス、ブーゲンハーゲン、シスネ
  • ゲームシステムやストーリー展開に関する予告がある
  • ISBN番号は978-4757590694/96ページ/サイズは25.7 x 21 x 0.7 cm
  • 購入者のレビューには賛否両論あるが、新キャラクター情報には好評

error: Content is protected !!