『蜜蜂の館』へようこそ!このサイトはFF7だけに特化して情報を発信している世界一のファンサイトです
2024.04.01 » 2か月 前

ルーファウス神羅には兄弟がいた!作品毎に異なる魅力や年齢も深掘り


ルーファウス神羅は『ファイナルファンタジーVII』シリーズに登場するキャラクターであり、神羅カンパニーの若き社長としてプレイヤーの前に立ちはだかる人物です。

父親(プレジデント神羅)の後を継ぎ、独自の野心を胸に世界を支配しようとする彼の姿は、ゲームを通じて多くのファンを魅了してきた。

しかし、ルーファウスには表面的なイメージを超えた、より深いストーリーや背景が存在しています。

この記事では、原作のFF7から最新作FF7リバースまでの彼の軌跡や、彼が抱える内面的葛藤、そしてあまり知られていない”兄弟”の存在についても触れます。

ルーファウスの新たな一面を発見し、彼のキャラクターが持つ深みを一緒に探求していきましょう!

■ポイント!

  1. ルーファウスがFF7でどのような役割を果たしているか
  2. 彼がFF7ACで生存している事実とその状態
  3. FF7Rにおけるルーファウスの新たな一面とリーダーシップ
  4. 彼の過去、若き日々と家族関係について

ルーファウス神羅の作品毎の魅力に迫る

  • FF7でルーファウス初登場
  • FF7アドベントチルドレンで明らかになる生存
  • FF7リメイクにおけるルーファウスの新たな一面
  • FF7リバースでの展開とキャラクター深掘り

FF7でルーファウス初登場

神羅カンパニーの新社長に就任

FF7(原作)におけるルーファウスは非常に重要なポジションを務めいています。

彼は神羅カンパニーの新社長としてクラウドたちの前に登場し、物語の中心的な敵役の一人としてプレイヤーの前に立ちはだかります。

ルーファウスは金髪をオールバックにした青年として描かれ、父親のプレジデント神羅がセフィロスによって倒された直後に神羅カンパニーのトップに立つことになります。

ルーファウスの年齢

ルーファウスの年齢に関しては、いまいちハッキリしません。

原作のFF7時には「21歳」であるという記述がありますが、公式の小説には「20代中頃」、またFF7リメイクでは「30歳」という設定になっています。

世界を支配しようとする野心の裏には

ルーファウスは父親とは異なる方法で世界を支配しようとする野心と姿勢が、プレイヤーに新たな敵としての印象を与えます。

具体的には、彼は魔晄エネルギーを使った支配を進め、多くの場面でクラウドたちと敵対していくことになります。

しかし、彼の真の目的や思惑はゲームを進める中で徐々に明らかになり、プレイヤーは彼の行動の背後にある理由を理解していくことになります。

FF7アドベントチルドレンで明らかになる生存

FF7のストーリーの中で、ルーファウスはダイヤウェポンの攻撃で死亡したと思われていました。

(※部下のハイデッカーも社長は亡くなったと発言しています)

しかし、FF7アドベントチルドレン(FFAC)では驚くべき事実が明らかになり、ルーファウスは生存(タークスに救出された)しており、生きてクラウドたちの前に再登場したのです。

具体的には、FF7ACでルーファウスは車椅子に乗って登場し、以前とは異なる姿を見せています。

これは、彼が物理的な苦痛を乗り越え、さらなる計画を進めていることを示唆していました。

その後の彼の行動は、FF7での役割とは異なる新たな一面を見せ、彼のキャラクターに深みを加えることに成功しています。

これらのことを理解した上でFF7ACを見ると、ルーファウスのキャラクターがより鮮明に、そして複雑に描かれていることがわかります。

FF7リメイクにおけるルーファウスの新たな一面

FF7リメイク(FF7R)では、ルーファウスはただの神羅カンパニーの社長という以上の役割を担っています。

このゲームでは彼のキャラクターに深みが加えられ、従来の物語にはなかった新たな一面が明らかにされています。

主に、彼の冷酷ながらもカリスマ的なリーダーシップや、目的のためならば手段を選ばない狡猾さが描かれています。

例えば、FF7Rの中でルーファウスは運命を変える者としてのポテンシャルを持つことが示唆されています。

新たに新解釈されたストーリーには、原作との違いに戸惑うファンもいるかもしれません。

しかし、これらの変更はルーファウスのキャラクターをより魅力的にし、物語に新しい次元を加えるために必要だったと言えるでしょう。

FF7リバースでの展開とキャラクター深掘り

FF7リバース(FFR2)では、ルーファウスのキャラクターはさらに深掘りされ、彼の過去や動機がより詳細に探求されます。

このゲームでは、彼が神羅カンパニーをどのように変革しようとしているのか、また、その過程で直面する内部および外部の挑戦にどう対処していくのかが描かれています。

例えば、彼の約束の地を求める旅は彼の野心だけでなく、彼の人間性と葛藤も浮き彫りにします。

一方で、FF7R2ではルーファウスの行動や決断が彼自身や周囲の人々に与える影響も描かれています。

これらの展開は彼をただの敵ではなく、複雑な背景を持つ人物として描き出しています。

これらの詳細な掘り下げは物語を進めるにつれて徐々に明らかにされるため、最初は彼の真意が掴みにくいかもしれません。

しかし、物語が進むにつれてルーファウスのキャラクターがいかに多面的であるかがわかるようになります。

若き日のルーファウス神羅と兄弟の存在

  • ビフォアクライシスFF7におけるルーファウスの若き日々
  • クライシスコアFF7におけるルーファウスの家族関係

ビフォアクライシスFF7におけるルーファウスの若き日々

ビフォアクライシス(BCFF7)では、ルーファウスの若き日々が描かれています。

この時期、彼は父親に対して複雑な感情を抱えつつ、自身の将来について模索していたことが伺えます。

具体的には反神羅組織のアバランチに裏で協力し、その背後で支援を行っていました。

これは、父親の方針に対する間接的な反発とも取れる行動であり、ルーファウスが単なる後継者ではなく独自の思想を持っていたことを示しています。

しかし、この協力が原因で長期出張という名の軟禁状態に置かれることになります。

彼の若き日々は挫折と反発に満ちていたものの、神羅カンパニーの未来を変えようとする彼の強い意志が感じられるのです。

この行動が後にどのような影響を及ぼすかは、物語を通じて徐々に明らかになっていきます。

クライシスコアFF7におけるルーファウスの家族関係


(出典:SQUARE ENIX

異母兄弟の存在

クライシスコアFF7(CCFF7)において、ルーファウス神羅の家族関係が明らかになっています。

『クライシスコアFF7』に登場するソルジャーをまとめている『ラザード統括』は、実はルーファウスの異母兄弟なのです。

さらに、ラザード以外にも異母兄弟はいるようですが、ルーファウス自身が把握していたかどうかは不明です。

長期出張中

この時期のルーファウスはアバランチに支援を提供していたことが父に発覚し、その結果として「長期出張」という名の下で実質的な軟禁中となっています。

このエピソードは、父子間の緊張関係を浮き彫りにしています。

このような背景はルーファウスがどのような人物であるか、彼の行動や決断がどのような動機に基づいているかを理解するのに役立ちます。

まとめ:ルーファウスの魅力と兄弟の存在を解説

ポイントをまとめます。

  • FF7では神羅カンパニー新社長として登場し、物語の中心敵役の一人
  • 金髪をオールバックにした青年として描かれる
  • 父親がセフィロスに倒された後、神羅カンパニーの社長に就任
  • 魔晄エネルギーを使った世界支配を進める
  • FF7アドベントチルドレンでの生存が明らかに、車椅子に乗って登場
  • 物理的な苦痛を乗り越え、計画を進めていることを示唆
  • FF7リメイクでは新たな一面が加わり、冷酷かつカリスマ的なリーダーシップを発揮
  • 運命を変える者としてのポテンシャルを持つ
  • FF7リバースで過去や動機が深掘りされる
  • 約束の地を求める旅を通じて野心と人間性が浮き彫りに
  • ビフォアクライシスFF7で若き日々とアバランチへの支援が描かれる
  • 父親に対する複雑な感情を抱えつつ独自の思想を持つ
  • クライシスコアFF7では異母兄弟の存在が描かれている

error: Content is protected !!