『蜜蜂の館』へようこそ!このサイトはFF7だけに特化して情報を発信している世界一のファンサイトです
2024.04.02 » 2か月 前

『ONE-WINGED ANGEL/片翼の天使』FF7 サントラ・BGM


この動画は2024/03/18に「SQUARE ENIX MUSIC Channel」から公開された公式動画です。

「FINAL FANTASY VII Original Sound Track」Disc.4の16曲目に収録されている楽曲『片翼の天使』です。

  • 曲名:片翼の天使(7:19)
  • 作曲:植松 伸夫
  • 編曲:植松 伸夫

FF7とセフィロスを象徴する楽曲|片翼の天使

  • セフィロスを象徴する楽曲
  • 曲の特徴
  • 影響と受容

セフィロスを象徴する楽曲

『ファイナルファンタジーVII』のサウンドトラックに収録されている「片翼の天使」は、このゲームを象徴する楽曲の一つです。

作曲は植松伸夫氏によるもので、特にこのゲームの主要な敵であるセフィロスとの戦いを背景にした楽曲として知られています。

この曲は1997年にリリースされた『ファイナルファンタジーVII』のクライマックス近くで流れることで、ゲームの緊張感を最高潮に高めます。

曲の特徴

  • メロディと構成:「片翼の天使」は、その壮大で神秘的なメロディ、複雑な構造、そして圧倒的なオーケストレーションで知られています。
    曲は幾つかの異なるセクションから成り立ち、各セクションはセフィロスの多面的なキャラクターと彼の物語の進行を音楽的に表現しています。
  • 楽器使用:オーケストラの豊かなサウンドに加え、”セフィロス”の合唱が特徴的な役割を果たしており、曲に壮大さと迫力を与えています。
    特に曲のクライマックスにおける合唱部分は多くのプレイヤーにとって印象的な瞬間です。
  • 象徴的な意味:この曲はセフィロスというキャラクターの強大さと、彼がゲーム内で担う役割の象徴ともなっています。
    そのため、ゲームのファンの間では非常に人気があり『ファイナルファンタジーVII』を代表する楽曲の一つと見なされています。

影響と受容

「片翼の天使」はリリース以来、様々なコンサートや音楽イベントで演奏され、ゲーム音楽のコンサートでは定番の選曲となっています。

また、この曲は『ファイナルファンタジーVII』のリメイク版である『ファイナルファンタジーVII リメイク』においても重要な役割を果たし、新たなアレンジでファンを魅了し続けています。

ゲーム音楽としてだけでなく、現代の音楽シーン全体においても「片翼の天使」は特に記憶に残る楽曲として評価され、植松伸夫氏の作品の中でも特に高く評価される一つです。

この曲はゲーム音楽が持つ表現力と芸術性を世界に示した例として、しばしば引き合いに出されています。

error: Content is protected !!